2005年10月19日

東京江戸博物館に行ってきました その4

さらに江戸博物館の続きです。江戸時代の展示が終わると明治、大正、昭和と続いていきます。
この辺りからは、歴史問題とかなので、微妙な事もあるのでしょうけど、当時の生活など沢山の展示があります。
よく漫画とかに出てくる自転車ですね。これ乗りこなすの結構大変そうです。
(実際に動きませんが乗れます)
初期の公衆電話があります、耳を当てると解説が聞こえます。
ですが、受話器重すぎます。長時間通話なんて無理ですね。
鹿鳴館などの展示は動く模型で、解説員が解説してくれます。
当時の銀座の町並みです。路面電車が走り始めた頃らしいです。
この模型にある新聞社の建物が外に再現されていて建っています。
当時の最新映画館だそうです。
昔の建物の方が立派に感じますね。
大正時代のタクシーですね。この頃のは、この頃のでみんな同じに見えてしまう・・・。
戦争中の家の様子です。大変な時代過ごしたんですね。
今の日本って本当に贅沢な暮らしですね。
東京の大空襲の様子です。2時間の爆撃で10万人焼き殺したそうです。
こういうの見ると、アメリカ人無茶しすぎ・・・とか思うのですが・・・。
中国や韓国で対日本の展示ももっと派手に有るので、影響されるの解るような気がします。
戦後の闇市の模型です。なんだか凄い時代ですよね。
昭和初期の住宅が再現されていました。玄関からちゃんと入れます。
中には解説のおじさんが居ました。
車の展示ですが、この車うちの親が乗っていました。
自分は小さくて覚えていないのですが、写真は沢山見ました。
未来の自分宛の郵便ですね。引き替えチケットで交換みたいです。
ここが何時出来たのかは知りませんが、2005年分は空いていました。
これでも、もの凄い数はしょっているので、見応えは有ると思います。
実際に物が大きいので、見た迫力も小さい写真とは違うので、見に行っても良いと思います。入場料は600円でした。 (特別展示も見たのでこちらは900円でしたが、特別展はちょっとマニア向きかな)
たっぷり歩いてみたので、終わったらヘトヘトでした。
でも、とっても楽しかったです。
CAT-2(Finepix F10)
posted by デジ太 at 06:51| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック